友で、仲間で、必要な人で

6月1日に30年来の親友が
癌が発覚後1年余りで亡くなってしまった。
別れることなんて考えたこともなくて
おばあちゃんになるまでずっと、
みんなで語り笑いあえると思っていた。
余命宣告を聞いてからも奇跡を祈ってしまう。
いなくなることなんて考えたくなかった。

息を引き取るまで見届けてあげられた。
弔辞を依頼された時読んであげなくちゃと思った。

亡くなった今、信じようとしない自分がいて、
事実に触れないようにしている自分がいる。


大事な人を失うのはこんなことになるんでしょうかね。。。。

b0256148_1863365.jpg



そして、6月17日に高校時代同じ部活の男子キャプテンが亡くなった。
彼も癌発覚後1年で去ってしまった。
穏やかな口調で優しくて、ちょっとひょうきんで誰からも好かれる彼で
まだまだやりたいことあったのにね。。。悔しいよね。



・・・・・・そんなこと、があった6月。

悲しい時は、それにふれないようにしている新しい自分がいる

by boku-itita | 2016-06-25 18:38 | 番外

いちたと過ごす、つぶやき日記


by hiro♪
プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る